平成23年3月議会代表質問 【1】3つのS運動について - 山本雅彦 主張と政策
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成23年3月議会代表質問 【1】3つのS運動について

3月議会におきまして代表質問を行いました。
以下その内容を掲載致します。


まず最初に安東市政3年目の予算編成が国の緊急経済対策による交付金や行財政改革の影響があったとは言え、基金の取り崩しをしないで編成出来たことは評価に値すると思います。出来ますれば新年度は基金の取り崩しをしないで済めば良いのですが、どうでしょうか。

さて1番目に、市長の言われる3つのエスについてお尋ね致します。
3つのエスのスローガン、言い換えれば3つのエス運動といいますか、
(1)「まず行政のスリム化」でございますが、4年後の交付税の一本算定を見据えて改革をしていかなければなりません、市長は職員数の適正化と、言われますが、その人数についてはどれくらいが適正とお考えなのでしょうか?その目安があれば教えていただきたいと、思います。
また、事業仕訳でございますが23年度は40項目の仕訳をされるということですが、まず削減ありきではなく地域がそれぞれ元気の出る様な施策は継続していかなければなりませんし、事業仕訳が消極的な発想であってはならないと思うわけであります。この点についても市長のお考えをお聞かせいただきたいと、思います。

(2)事務の「スピード・アップ」についてでございますが、確かにスピード・アップは大切なことです。昔から言われる「お役所仕事」であっては、もはや時代から取り残されてしまいます。いかに的確に、早く、効率よく行うということは時代の要請でもあります。サラリーマン社会にこんな言葉があります、「急ぐ仕事は忙しい人に頼め」と、忙しく仕事をしている人はそれだけ知恵を使い、効率よく仕事をしていると、いうことです。なかなか簡単ではありませんが、まずどういうところから始めていかれるかお尋ね致します。ただスピード・アップすれば職員定数の適正化につながるというのは、必ずしも当てはまらないと思います。

(3)「ワン・ストップ・サービス」については出来る限りこれを拡大していくことが望ましいと思います。勿論、組織や運営形態を変えていかなければ出来ませんが、新年度内にどれくらい進むとお考えでしょうか?2と3は内容としては関連しているものもあるでしょうから、横断的な発想も必要かと思われますが、如何でしょうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。